3月, 2017

今日はまっておるスウィーツ組立てに関しまして

がんらい甘いものが大好きで、嬉しいと評判のお菓子屋様を巡ったり、話題のコンビニスイーツを採り入れることが好みのようになってある。

甘いものを見たり食べたりすると幸せな気分になれるんですよね。

最近では貰うだけではなく、自分で作るともなりました。

お菓子リサーチの体験はなかったので、今はいまだに簡単なクッキーやマドレーヌなどしか作れませんが、お菓子を作っている日数が至ってうれしいだ。

甘さを激しくしたり遠ざけたりって、自分なりに着想ができるのも嬉しいです。

やがてさらに凝ったお菓子も焼き上げるようになりたいので、楽しみながらお菓子リサーチを続けていきたいと思います。

まつげも育つ!

わたくしは、ちいさいケースから眉が淡くてまつ毛も短くて、アイメイクには苦労していました。

こんななか、最近の定例はまつ毛の美液をぬることです。

わたくしが使用しているものは2000円以内のもので、案外有名な製造元ではないのですが、ぬるという塗らないではかなりちがいます。

まず、1教科書1教科書が分厚くなりました。

また、先ほどよりぬけることも少なくなります。

そうして…長さも総和ミリ引き伸ばすことができました!

美液を塗り関わるまえ一段とマスカラは塗り易くなったし、まつ毛の根元がつよくなった賜物か、自然とカールもできているのでビューラーいらずになりました。

これからも続けてますます、元気なまつ毛にしたいだ。

美貌にいいというけれど…

美肌のために、ネチョネチョミールが効果的だと思い切り言われます。

例えば、納豆やオクラ、モロヘイヤや山芋など。

も、自身はなんだかあのネチョネチョした味覚が苦手だ。味覚以前に、口のミドルや箸の前で糸を引いて掛かる趣向がイヤなのです。

嫌いだけれど、これがお肌に素晴らしいならば…

と、捨て身になって作ったのが、3色合いネチョネチョ丼だ。

山芋をすりおろして、オクラのみじん切りといったひきわり納豆をトッピング。

味組み込みに刻みのりをちらして、いざ!

食べていらっしゃる間はじっくり表皮がスベスベになって行く自らを思い描きながら、努力として一気にかっこみました。

それにしても、最初にネチョネチョミールを食べた自分は、肝ったまがあるな思いました。

スキンケアに関しまして

私のスキンケアは、美顔器を使い行います。

30代下部なので、コスメティックだけでは限界を感じるからです。

毎日育児に追われて随分お忙しいときもありますが、お肌を磨き、自慢がついて幸せなタームをくつろげるようにしています。

また毎日、お肌を磨きマインドまで磨いていきたいだ。

シャレオツも好きなので、お母さんになってもシャレオツで綺麗に生まれ変われるように身の回りがんばってます。

また、毎日素敵な野望をもてるように、なんにでも興味を持ち、何にも挑戦していきたいですし、心に意欲を豊富持てるようにしたいし、身の回り明るく努力しています。

一つコスメティックに替えました

ここ半月ほど前から一つコスメティックを使い始めました。

最初はメークアップ水・乳液・保湿液など、それぞれに効果がある元だからこそスキンに良いのに一つで仕上げるなんてとしていた否定派でした。

それでも某商標の一つコスメティックのテンプレートを使ってみたところ、すごくスキンにしっくりきてキメが細くなったような感覚になりました。

一つだけ使えば良いから楽だし、スキンの状態も良くなったしということで一つに乗りかえました。

はなはだ考えてみたら、メークアップ水・乳液など使っていたアイテムの額よりも一つコスメティックのほうが良いんです。

これってもしかして、ひとつにする結果元を盛り込んだからおっきいのかもしれないと勝手に思って使っています。

カテゴリー
お気に入り